食物繊維

食物繊維は,腸内において脂質の吸収抑制効果や有害物質の排泄促進効果が注目されており,様々な加工食品に添加されています。
食物繊維の定義は国や政策によって異なりますが,以下のように分類されています。

食物繊維の分類

不溶性食物繊維 水溶性食物繊維
キチン,キトサンなど 高分子 低分子
ペクチン ポリデキストロース
難消化性デキストリン

食物繊維の測定は,前処理後のろ液をHPLCで測定する方法と,残渣の重量を測定する方法があります。
とくに低分子水溶性食物繊維の分析にはHPLCが適しています。

HPLCを用いた分析では,三糖類のひとつであるマルトトリオースのピーク溶出位置を指標とし,これと同じか,これより前に溶出されるものを食物繊維とし,その量を算出します。

清涼飲料水中の低分子水溶性食物繊維のクロマトグラム

清涼飲料水中の低分子水溶性食物繊維のクロマトグラム

(参考)
「食品表示基準について 別添 栄養成分等の分析方法等」
(平成27年3月30日消食表第139号消費者庁次長通知)

一体型液体クロマトグラフ i-Series(Prominence-i)

一体型液体クロマトグラフ
i-Series(Prominence-i,Nexera-i)

>> 製品の詳細はこちら
>> 装置の見積り依頼はこちら

システム Prominence-i
検出器 示差屈折率検出器 RID-20A

関連するアプリケーション

※ ご覧いただくには,ログイン(会員登録)が必要です。

Application News L507
詳しくは「Prominence-iを用いた低分子水溶性食物繊維の分析」をご覧ください。

Top of This Page