残留溶剤の分析

残留溶剤の分析

食品の包装材料や容器は,その製造工程で印刷や接着など有機溶剤が使用されるため,残留有機溶剤の品質管理が求められます。これらの成分はヘッドスペースガスクロマトグラフ(GC)法や,溶剤で溶かした試料液を直接ガスクロマトグラフ(GC)に注入して定量することができます。

ガスクロマトグラフヘッドスペース分析システム

試料をバイアルに封入,密封後一定時間で一定時間加温し,気相に追い出された揮発性成分を吸引し,GCに注入,分離検出する分析手法です。液体試料を加温して気相に追い出された揮発成分の分析や,固体試料から発生する揮発性成分の測定に使用されます。
 

Top of This Page