マグロ肉中のヌクレオチド(鮮度)

マグロ肉中のヌクレオチド(鮮度)

4種のヌクレオチドとヒポキサンチン,イノシンの計6成分は,それぞれ逆相クロマトグラフィーで定量できるため,魚介類の鮮度の指標であるK値(鮮度恒数)の測定に応用されます。
高速液体クロマトグラフ(HPLC)によるマグロ肉中のアデニン誘導体8成分の分離例を示します。

マグロ肉の分析

マグロ肉の分析

高速液体クロマトグラフ

高速液体クロマトグラフ(HPLC)は,分析機器の流路に液体を流しておき,試料を入れるとカラムと呼ばれる分離管の中で試料成分が分離され,検出器でその量を測定する装置です。ProminenceシリーズはUV検出器SPD-20Aの電気系ノイズの低減,温調セル標準装備により世界最高水準の感度と安定性を実現します。
この分析には、UV検出器またはPDA検出器付きシステムをお使いください。

Top of This Page