缶コーヒーの香り

缶コーヒーの香り

食品や飲料さらに化粧品など、香りが商品の質に大きな影響を与える分野においては、製品開発や企画段階における、商品の差別化やユーザーの嗜好を把握しての商品の差別化が重要となっています。
におい識別装置FF-2020では、サンプル間のにおいの違いを主成分分析等を用いて2次元もしくは3次元グラフにマッピングできるので、香りの比較評価が容易になります。ここでは、市販の缶コーヒー(ブラック)を測定・識別した例を示します。

主成分分析結果

主成分分析結果

におい識別装置

におい識別装置FF-2020は,ガスクロマトグラフ(GC)などの成分分析とはまた別の角度から「におい」を捉えることができ,製品開発や研究の補佐的な役割,品質検査における良否判別等に応用できます。前処理装置を内蔵していますのでアルコールや水の影響を減少させることができ,さらに濃縮もできますので高感度な測定が可能です。
 

Top of This Page