家畜飼料中の抗生物質

家畜飼料中の抗生物質

サリノマイシンナトリウムなどのポリエーテル系抗生物質は,農林水産省告示第750号に基づき飼料添加物として指定されており,家畜・家禽の成長を促進するために飼料中に添加されています。高速液体クロマトグラフ(HPLC)によるサリノマイシンナトリウム,モネンシンナトリウム,ナラシンの分析例をご紹介します。


サリノマイシンナトリウム,モネンシンナトリウム,ナラシンの標準液(各1μg(力価)/mL)を20μL注入し,ポストカラム誘導体化可視検出法で検出することにより,高感度分析が可能となりました。

モネシン,サリノマイシン,ナラシンのクロマトグラム

モネシン,サリノマイシン,ナラシンのクロマトグラム

高速液体クロマトグラフ

HPLCは,分析機器の流路に液体を流しておき,試料を入れるとカラムと呼ばれる分離管の中で試料成分が分離され,検出器でその量を測定する装置です。
ProminenceシリーズはUV検出器SPD-20Aの電気系ノイズの低減,温調セル標準装備により世界最高水準の感度と安定性を実現します。

 

Top of This Page