貝毒

貝毒

近年麻痺性貝毒による貝類の毒化が各地で発生し,水産業に大きな打撃を与えまた食品衛生上も重要な問題となっています。麻痺性貝毒は植物性プランクトンの一種である渦鞭毛藻の一部により生産される神経毒で、サキシトキシン,ゴニオトキシン同族体といった成分名で知られています。
図は高速液体クロマトグラフによるゴニオトキシン(GTX)標準溶液の分析例です。ポストカラム誘導体化蛍光検出法を用いました。

ゴニオトキシン(GTX)1-4標準溶液の分析

ゴニオトキシン(GTX)1-4標準溶液の分析

高速液体クロマトグラフ

ほう酸緩衝液とりん酸緩衝液を2段階に反応させるポストカラム蛍光検出法により,選択的に高感度検出できます。

Top of This Page