とうもろこし中のフモニシン(カビ毒)

とうもろこし中のフモニシン(カビ毒)

マイコトキシンの一種であるフモニシンはフザリウム科に属し,馬の白質脳軟化や豚の肺浮腫の原因物質として知られ,近年ヒトの食道ガンとの関連性も指摘されています。
図は,とうもろうこし中のフモニシンの分析例で,OPA試薬とチオール試薬によるプレラベル蛍光誘導体化蛍光検出により分析できます。

とうもろこし中のフモニシンの分析例

とうもろこし中のフモニシンの分析例

高速液体クロマトグラフ(HPLC)

蛍光プレラベル誘導体化の作業を前処理機能付きオートサンプラで自動化し,選択的に高感度で,精度よく測定することができます。

 

Top of This Page