残留農薬のGCMS分析

残留農薬のGCMS分析

現在さまざまな農薬が生産,使用されていますが,法律によってその規制も異なっています。例えば,上水試験法では15成分に4成分が追加されました。食品では食品衛生法に基づき規制されています。ここでは平成7年8月以降に規制された農薬に関し,GC/MS,GCで測定可能な一部の農薬をGCMSで測定しました。

食品中の残留農薬
 
農薬のTICクロマトグラム

農薬のTICクロマトグラム

ガスクロマトグラフ質量分析計

ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)のイオン化法としては,EI法が広く用いられています。しかし負化学イオン化法(NCI法)を用いると,食品中に残留する有機塩素系や有機リン系の農薬を超高感度で検出できます。NCI法は,反応ガスを用いてサンプル分子から負のイオンを生成させ検出する方法で,ECDと同様に電子親和性の化合物に有効です。

Top of This Page