カビ毒(アフラトキシン)

カビ毒(アフラトキシン)

アフラトキシンはカビが生産する天然の有毒物質で,強い発がん性を有しています。このカビはピーナッツやコーンといった穀物に生えることから,健康への障害が懸念されています。アフラトキシンの分析は食品衛生上重要です。通常 分析装置として,HPLCLC/MSを用いた分析法が利用されます。
超高速HPLCでの分析例です。アフラトキシンにはG1,G2,B1,B2などの類縁体が知られていますが,超高速HPLCではわずか3分で分析することが可能です。

超高速LCによる分析例

アフラトキシン類の構造式

高速液体クロマトグラフ

試料中の各成分の含有量を測定する機器です。分析機器の流路に液体を流しておき,試料を入れるとカラムと呼ばれる分離管の中で試料成分が分離され,検出器でその量を測定します。HPLCでは,GCに比べて気化しにくい成分や熱に弱い成分も扱えるために,測定対象となる成分や試料はとても幅広くなります。

 

Top of This Page