クロロゲン酸の分析

クロロゲン酸の分析

クロロゲン酸(3-カフェオイルキナ酸)は高等植物に広く分布しているポリフェノール化合物の一種で,コーヒー,ジャガイモ,サツマイモなどに多く含まれています。 コーヒーの呈味成分の一つであり,また皮をむいたジャガイモが変色する原因となる物質でもあります。 最近はその抗酸化力が注目され,クロロゲン酸の効能について,さまざまな研究が進められています。

缶コーヒーのクロマトグラム

缶コーヒーのクロマトグラム

高速液体クロマトグラフ Prominence

高速液体クロマトグラフ Prominence

>> 製品の詳細はこちら
>> 装置の見積り依頼はこちら

システム Prominence

関連するアプリケーション

※ ご覧いただくには,ログイン(会員登録)が必要です。

Application News L306
詳しくは「コーヒー中クロロゲン酸の分析」をご覧ください。

クロロゲン酸・カフェイン・カフェイン酸標準混合用液のクロマトグラム

クロロゲン酸・カフェイン・カフェイン酸標準混合用液のクロマトグラム

高速液体クロマトグラフ Prominence

高速液体クロマトグラフ Prominence

>> 製品の詳細はこちら
>> 装置の見積り依頼はこちら

システム Prominence
検出器 LCMS SQ

関連するアプリケーション

※ ご覧いただくには,ログイン(会員登録)が必要です。

Application News C39
詳しくは「LCMS-2010EVを用いたクロロゲン酸の分析」をご覧ください。

杜仲茶中のクロロゲン酸のMRMクロマトグラム

杜仲茶中のクロロゲン酸のMRMクロマトグラム

高速液体クロマトグラフ Prominence

高速液体クロマトグラフ Prominence

>> 製品の詳細はこちら
>> 装置の見積り依頼はこちら

システム Prominence
検出器 LCMS TQ

関連するアプリケーション

※ ご覧いただくには,ログイン(会員登録)が必要です。

Application News C82
詳しくは「トリプル四重極型LC/MS/MSを用いた杜仲茶中のゲニポシド酸とクロロゲン酸の分析」をご覧ください。

Top of This Page