食品の栄養表示・機能性成分表示

平成27年4月1日に食品表示法が施行され,わかりやすい表示制度の実現を目的に,これまで3つの法律でそれぞれ定められていた表示に関する規定が統合されました。ここでは,新しい表示制度で変更となった「栄養成分表示」や新規創設された「機能性表示制度」に関連した様々な食品成分の分析事例を紹介します。

アミノ酸

アミノ酸は食品の味を左右する重要なファクターです。
最近では付加価値を高める機能性成分としても着目されています。
>> 詳細はこちら

糖

糖は食品の甘味成分を担う化合物です。糖を多く含む天然食品の他,糖を原料として製造される加工食品もあり,その形態はさまざまです。こうした食品中の糖の量を知ることは品質管理や栄養管理の面で重要な役割を果たします。
>> 詳細はこちら

ビタミン類

ビタミンは生命維持のためには不可欠な栄養素ですが,体内で生産されないもしくは充分な量が生産されないため,食品から摂取する必要があります。
>> 詳細はこちら

有機酸

有機酸は酢・ワイン・日本酒などの醸造製品の風味成分として知られています。また最近では青果物の付加価値を高める機能性成分としても着目されています。
>> 詳細はこちら

食物繊維

NEW!
食物繊維は,腸内において脂質の吸収抑制効果や有害物質の排泄促進効果が注目されており,様々な加工食品に添加されています。
>> 詳細はこちら

機能性成分その他

食事の摂取により,高血圧や動脈硬化などの予防などに効果がある成分をとくに機能性成分と呼ばれます。
ここではさまざまな機能性成分のアプリケーションをご紹介します。
>> 詳細はこちら

分野別Solution

Top of This Page