新着アプリケーションニュース

分野別で新着アプリケーションを紹介しています。分野を選択してください。

分析装置別アプリケーションニュース 

 

2022年1月発行

マイクロフォーカスX線検査装置による5Gスマートフォン搭載基板の観察事例

  • 5Gスマートフォンに搭載された電子基板・部品を非破壊で透視撮影して、製品に不具合がないかを検査できます。
  • 透視撮影では内部の観察が難しい多層構造の部品に関して、CT撮影により層ごとの詳細な欠陥観察や部品全体の3次元構造観察が実施できます。

【関連製品】マイクロフォーカスX線検査装置

パワースペクトル密度(PSD)を用いた表面の周期性解析

  • パワースペクトル密度(PSD)を用いることで、通常の表面粗さパラメータでは表現できない表面構造の粗密や形状の緩急比較、パターン試料における周期解析が可能になります。

【関連製品】3D測定レーザー顕微鏡

X線CTシステムによる円筒型リチウムイオン電池の解析及び、充放電付属システムの紹介

  • リチウムイオン電池の内部構造を非破壊で観察できます。
  • 電極間の距離計測や、集電板の接合状態の観察が行えます。
  • カスタム製品の充放電付属システムにより、充電後と放電後の電池内部状態の変化が観察できます。

【関連製品】マイクロフォーカスX線検査装置

2021年12月発行

殺菌用紫外線(C波)の透過率評価

  • C波領域(280 nm未満)の透過率を調べることで、紫外線によるウイルスの殺菌に適した包装材料などの選定に役立ちます。
  • フォトメトリック機能の「高度な計算式」を使用することで、透過率を用いてウイルスの殺菌時間を推定することができます。

【関連製品】紫外可視分光光度計

EDX-7200による抗菌コーティング剤中の酸化チタンの定量分析

  • 手軽に非破壊でコーティング剤の分析ができます。
  • 薄膜FP法により酸化チタンの単位面積当たりの付着量が定量できます。
  • 新搭載の一次フィルタはTiからCoまで(エネルギー領域: 4 ~ 8 keV) の分析に有効です。

【関連製品】エネルギー分散型蛍光X線分析装置

様々なナノファイバーの形状観察

  • 原材料や製造方法が異なるナノファイバーの繊維形状をマイクロメートルオーダーからナノメートルオーダーまで幅広く観察できます。
  • ナノファイバー1本の極微細構造も明瞭に観察できます。
  • 個々のナノファイバーの繊維径を計測できます。

【関連製品】走査型プローブ顕微鏡(原子間力顕微鏡)3D測定レーザー顕微鏡

MEA(膜/電極接合体)のXPS分析

  • 粒子触媒の化学状態の僅かな変化を捉え、触媒の劣化について評価することが可能です。
  • MEAの長寿命化および安定性向上のための研究開発に貢献します。

【関連製品】X線光電子分光法

熱分析装置を用いた紫外線劣化高分子材料の測定

  • 代表的な高分子材料であるポリプロピレン・ポリエチレンの紫外線劣化による変化を測定しました。熱分析では、融解や分解温度等の熱物性の変化として評価することが可能です。
  • 紫外線照射による劣化部位は試料極表面層ですが、極表面のみのサンプリングをしなくても違いを確認できます。

【関連製品】示差走査熱量計示差熱・熱重量同時測定装置

EDX-7200によるめっき付着量/膜厚の定量分析 -多層、非定形めっき-

  • EDX-7200では計数率向上により、さらに感度が向上しました。
  • 多層の場合も非破壊でそのまま分析ができます。
  • 非定形の試料もバックグラウンドFP(BG-FP)法により、精度良く定量分析が可能です。

【関連製品】エネルギー分散型蛍光X線分析装置

ZXY測定による電流分布の可視化-黒鉛試料の電流測定-

  • μmオーダーの凹凸の大きな試料表面の電流測定が可能です。
  • 固体と液体成分の複合材料試料の電流像が取得可能です。
  • 二次電池の電極材料への応用が期待できます。

【関連製品】高分解能 走査型プローブ顕微鏡(原子間力顕微鏡)

アンチグレアフィルムの突起形状の評価

  • アンチグレア加工表面の非接触・非破壊による微細形状評価が大気中で行えます。
  • 試料セットから2分以内に形状評価結果が得られます。
  • OLS5100のマクロ機能により、視野移動と3D観察、画像解析/保存までの作業フローを自動で行えます。

【関連製品】3D測定レーザー顕微鏡

示差走査熱量計DSCによる劣化させたポリプロピレンの酸化誘導時間(OIT)測定

  • DSCでは酸化誘導時間測定により、ゴム、プラスチックなどの劣化度合や酸化防止剤の効果を評価できます。
  • 「OIT自動終了ソフトウェア」を用いることで、測定の自動終了と酸化誘導時間の自動解析を行うことができます。

【関連製品】示差走査熱量計

2021年11月発行

消毒剤中ベンザルコニウムの高速分析

  • アルキル鎖の異なるベンザルコニウム3成分を3分以内に分析できます。
  • 消毒剤中に含まれるベンザルコニウムを高い精度で定量することができます。

【関連製品】液体クロマトグラフ

皮膚感作性試験ADRAの習熟度試験とその高速化

  • ADRA試験において、高い再現性、良好な検量線直線性が得られます。
  • 高速条件を用いることで10種の被験物質の試験で約50時間かかったHPLC分析が18時間で完了します。
  • 高速条件においても定量精度を損なうことなく溶媒の節約、工数の削減ができます。

【関連製品】液体クロマトグラフ

X線検査の新基準!汎用機のレベルを超えた多機能X線検査装置

  • 当社独自のハイダイナミックレンジ処理により、厚みや材質の異なる検査対象物を視認性良く観察できます。
  • 新型X線検出器の搭載で広視野かつ高精細な透視画像になりました。視野の拡大により効率的に検査できます。
  • CT撮影が簡単になりました。ユニットを取り付けて開始ボタンを押すだけで、誰でも簡単に三次元解析ができます。

【関連製品】マイクロフォーカスX線検査装置

マイクロフォーカスX線CTシステムによる ヘアカラーリング剤樹脂ボトルの観察事例

  • 樹脂ボトルと内容物(ヘアーカラーリング剤)の三次元形状を非破壊で簡単に可視化できます。
  • 樹脂ボトルの液漏れ状況を観察して、製品に異常がないかを確認できます。

【関連製品】マイクロフォーカスX線CTシステム

ヘアーコンディショナーの粒子径評価 -高濃度エマルジョンの原液測定の可能性-

  • SALD-2300では原液状態における粒子径分布の測定が可能です。
  • 希釈操作が分散状態に与える影響が分かります。

【関連製品】レーザ回折式粒子径分布測定装置

ICカードの断面分析

  • ICカードの不良解析・品質改善・研究開発など幅広い目的で活用できます。
  • ICチップの配線パターンとその構成元素を可視化できます。

【関連製品】電子線マイクロアナライザ

摩擦攪拌点接合材の接合界面の分析

  • 接合部全体の組成の解析に関する研究に役立ちます。
  • 接合強度に起因する金属間化合物層の膜厚や構造の解析に関する研究に役立ちます。

【関連製品】電子線マイクロアナライザ

トリプル四重極型質量分析計を用いた樹脂中添加剤の分析

  • 高分子材料に使われる22種類の添加剤について、高感度で再現性の良い定量が可能です。
  • 堅牢性に定評のあるLCMS-8045でメソッドを構築し、様々なマトリックス・分析目的への対応が可能となりました。

【関連製品】液体クロマトグラフ質量分析計

Arガスクラスターイオン銃を用いた有機物表面のダメージ層除去

  • Arガスクラスターイオンを試料表面に照射することで、有機物表面の汚染物質やダメージ層を除去して清浄な表面を
    得ることができます。

【関連製品】X線光電子分光法

配合比率が異なるPC/ABS樹脂の評価

  • DSCでは非晶性樹脂の樹脂成形に必要なガラス転移温度を容易に測定することができます。
  • PC樹脂配合比率からガラス転移温度を推定することができます。
  • PC/ABS樹脂の成形後の組成比率を確認することができます。

【関連製品】示差走査熱量計フーリエ変換赤外分光光度計

Top of This Page

お問い合わせ