有機リン系農薬の分析

有機リン系農薬の分析

有機りん系殺虫剤の一斉分析は,分離の点からキャピラリカラムを使うのが効果的です。検出器にはFPDまたはFTDを使用しますが,有機りん系農薬に限った場合,選択性の点からFPDが有効です。
市販玉ねぎに0.1~1.0ng絶対量の29成分の有機りん系農薬を添加し,FPD付きガスクロマトグラフ(GC)の分析例を示します。

GC(FPD)での玉ねぎの分析

GC(FPD)での玉ねぎの分析

ピーク番号 成分名

  1. ジクロロボス(DDVP)
  2. サリチオン
  3. ジメトエート
  4. シアノホス(CYAP)
  5. ジアジオン
  6. ジスルホトン
  7. ホルモチオン
  8. イプロベンホス(IBP)
  9. ジクロフェンチオン(ECP)
  10. メチルパラチオン
  11. クロルピリホスメチル
  12. フェニトロチオン(MEP)
  13. マラチオン
  14. フェンチオン
  15. クロルピリホス

ピーク番号 成分名

  1. パラチオン
  2. α-CVP
  3. β-CVP
  4. フェントエート
  5. プロパホス
  6. メチダチオン(DMTP)
  7. プロチオホス
  8. イソキサチオン
  9. エチオン
  10. シアノフェンホス(CYP)
  11. エジフェンホス(EDDP)
  12. ピリダフェンチオン
  13. EPN
  14. ホサロン

 

ガスクロマトグラフ(GC)

化学物質の定量分析に広く使用されている分離分析機器です。分析対象成分に応じて検出器やカラム(分離管)を組み合わせて使用します。リン化合物に対して選択性のあるFPD(炎光光度検出器)により高感度で測定できます。
 

Top of This Page