アルキル水銀化合物の分析

アルキル水銀化合物の分析

環境中の水銀の測定法には紫外吸収および原子吸光による総水銀測定法とGCによる有機水銀測定法の2種類があります。
GCによる測定方法は水俣病の原因となった有機水銀の有効な分析方法として知られています。 環境中の有機水銀はほとんどがメチル水銀,エチル水銀の形で存在しますので塩素化を行うことによってECDで高感度にかつ選択的に検出することができます。

A川で捕獲された雷魚中のメチル水銀

A川で捕獲された雷魚中のメチル水銀

ガスクロマトグラフ

化学物質の定量分析に広く使用されている分離分析機器です。分析対象成分に応じて検出器やカラム(分離管)を組み合わせて使用します。有機水銀の測定には選択性と感度に優れるECD(電子捕獲検出器)により検出します。
 

Top of This Page