水道水中のアクリルアミドの分析

水道水中のアクリルアミドの分析

アクリルアミドに関わる基準は昭和49年に厚生省環境衛生局より,飲料用井戸水等の判断基準として「検出されないこと(検出限界0.1ppm)」と規定されていましたが,平成5年12月の「水道水質に関する基準の制定について」では廃止となりました。しかし,平成12年3月に厚生省生活衛生局水道環境部水道整備課より出された「水道用薬品類の評価のための試験方法ガイドライン」でアクリルアミドが再び評価項目として取上げられ,ガスクロマトグラフ(GC)による試験方法が記載されています。

アクリルアミド添加水道水から抽出した試料の
 
アクリルアミド添加水道水から抽出した試料のクロマトグラフ

 

ガスクロマトグラフ

化学物質の定量分析に広く使用されている分離分析機器です。分析対象成分に応じて検出器やカラム(分離管)を組み合わせて使用します。アクリルアミドは臭素化し、選択性と感度に優れるECD(電子捕獲検出器)により検出します。
 

 

Top of This Page