室内臭気の分析

室内臭気の分析

建材や壁紙などからのにおい,たばこのにおい,または室内に設置する機器の稼動した時のにおいの強さは,室内環境に影響を与えます。このような大気臭の官能的な強さを表わす指標として,臭気強度や臭気指数といった官能値を用いることが良くあります。予め官能値とにおい識別装置による測定値との相関を取っておくことにより,この官能値との対応も可能になります。ここでは,室内に設置した機器の稼動した時の臭気をにおい識別装置で測定し,その臭気強度を予測させた例を示します。

パネルによる官能値

パネルによる官能値

結果の図は,横軸にパネル20名の官能値の平均を示し,縦軸にはにおい識別装置の出力に重回帰分析による予測値を示しています。パネルの官能値とにおい識別装置の予測値が非常に近いことがわかります。



FF-2020

におい識別装置

人間の嗅覚のようにトータルのにおいの質と量を数値化する装置です。複数の特性の異なるセンサを用いることで幅広いにおい種に対して、臭気指数だけでなく臭気強度を分析できます。

Top of This Page