大気中の揮発性有機化合物(VOC)の分析

大気中の揮発性有機化合物(VOC)の分析

大気環境中から人の健康に有害な各種の物質が検出されており、その濃度は直ちに人の健康に影響が生じるようなレベルではないものの、長期的に暴露した場合に発癌性等の健康影響が懸念されています。これらの背景を受けた形で、平成8年5月大気汚染防止法の一部を改正する法律が公布され、平成9年4月1日より施行されています。
GC/MS(ガスクロマトグラフ質量分析計)による大気中の揮発性有機化合物8VOC)の分析例です。

実験室空気の測定例(SCAN 法)

実験室空気の測定例(SCAN 法)


 

ガスクロマトグラフ質量分析計

化学物質の定性・定量分析に広く使用されている分析機器です。分析対象成分に応じてカラム(分離管)やイオン化法を選択して使用します。「連続大気サンプラ」を利用することで精度の高い分析結果が得られます。
 

Top of This Page