土壌中の有機化合物汚染(VOC)の分析

土壌中の有機化合物汚染(VOC)の分析

土壌中の揮発性有機化合物(VOC)の分析には,ヘッドスペース法,パージ・トラップ法等が採用されています。ヘッドスペース法は操作が簡単,再現性が良い,オートサンプラーの使用が可能,キャリーオーバー(高濃度成分に由来する分析装置の汚染度合い)が少ないという特長を持っています。
 
以下はヘッドスペース法による分析例ですが,パージ・トラップ法は,捕集剤を用いサンプルを濃縮することが出来るため,高感度に低濃度のサンプルを分析することが可能です。ヘッドスペース法より10倍から100倍ほど感度良く分析することが可能です。

標準試料23 成分(1 μg/L )を土壌に添加した 試料によるSIM クロマトグラム(ヘッドスペース法)

標準試料23 成分(1 μg/L )を土壌に添加した 試料によるSIM クロマトグラム(ヘッドスペース法)


 

ガスクロマトグラフ質量分析計

化学物質の定性・定量分析に広く使用されている分析機器です。分析対象成分に応じてカラム(分離管)やイオン化法を選択して使用します。VOCの分析には試料の濃度により、ヘッドスペース法とパージ・トラップ法を使い分けます。
 

 

Top of This Page