飛灰の全炭素量測定および元素・組成分析

飛灰の全炭素量測定および元素・組成分析

飛灰や焼却灰はシリカ,アルミナ,金属酸化物が主成分ですが,完全に燃焼していない未燃炭素が含まれています。その炭素量はTOC固体試料測定システムにより簡便かつ高精度に測定できます。また,元素・組成定量分析には,そのまま直接分析できる蛍光X線が便利です。これら2つの測定法を組み合わせると,炭素を含む元素・組成定量分析が高精度でできますので,炭素の定量が困難なEDXに有効な手法です。例として飛灰の測定結果を示します。

TOC測定手順

  1. サンプルを秤量する。(最大1gまで可能)
  2. TOC固体試料測定システムにサンプルを導入する。
  3. 全炭素量が得られる。(飛灰の場合,約12分) 

TOCによる全炭素量測定結果

TOCによる全炭素量測定結果

TOCと蛍光X線による,炭素を含む元素・組成分析結果(トータル100%)
(フラックスは試料成型の場合の成型助剤で,EDXでは粉末のままでも可能です)

TOC固体試料測定システム 蛍光X線分析装置
TOC固体試料測定システム EDX-720エネルギー分散型 XRF-1800シーケンシャル形
TOC-LCSH  SSM-5000A EDX-720
エネルギー分散型
XRF-1800
シーケンシャル形
  • 最大試料量1g,最大炭素量30mgまでの測定が可能なため,試料の秤量誤差や試料中の炭素の偏在による誤差を小さくすることができます。
  • 固体試料中の無機体炭素(炭酸体炭素)も測定可能です。
  • 懸濁物質を多量に含む水試料も測定できます。
  • TOC-L本体による水試料測定とSSM-5000Aを用いた固体試料測定の切り替えは,画面上の設定変更だけで行うことができます。
  • 粉末のまま試料容器に入れて直接測定できます。
  • 真空排気ユニットにより11Na~可能です。
  • FP(ファンダメンタルパラメータ)法により,標準試料なしで検出元素の組成定量が可能です。
  • その他液体や汚泥などあらゆるものも直接そのまま測定できます。
  • 簡易分析~高精度分析までこなすEDXのフラグシップモデル。
  • 粉末はそのまま加圧成型して測定できます。
  • 4Be~92Uの定性・定量分析が可能です(同左FP法)。
  • 6C,9F,などの軽元素も高感度で測定できます。
  • 原材料・生成品の組成管理および微量・不良解析などあらゆる分析に対応できるハイスペックモデル。
Top of This Page