反射防止効果の確認

反射防止効果の確認

反射防止膜成膜済み多結晶Siウェハの反射率測定

結晶Si太陽電池は入射光の取り込み効率を高めるためにSiウェハ表面にテクスチャが形成されており、さらに入射した光のSiウェハ表面における反射を抑制するために反射防止膜が成膜されています。
ここではテクスチャ正常品に反射防止膜を成膜したSiウェハの反射率のデータを紹介します。
【本測定の反射率はフッ素系樹脂白板を100%基準とした相対反射率です。表面が平滑な鏡面ウェハを用いればX-Yステージによる自動マッピング測定が可能です】

この結果から、反射防止膜の成膜により可視光領域における反射がより効果的に抑えられていることが分かります。

紫外可視近赤外分光光度計 SolidSpec-3700

紫外可視近赤外分光光度計 SolidSpec-3700

SolidSpec-3700/3700DUVは,高感度,短波長測定能力,超大型試料室,を兼ね備えた最高級分光光度計です。
FPD材料特性評価のため,近赤外領域の高感度測定が可能で,材料の大型化に伴う大形試料室を備えています。

詳細をみる

Top of This Page