TCO膜付きガラス基板の評価

TCO膜付きガラス基板の評価

TCO膜付きガラス基板の透過率面内分布測定

色素増感や薄膜Si太陽電池など、薄膜系太陽電池ではより多くの太陽光を光吸収層に導くために各波長範囲における透過率の評価が重要になります。
今回、紫外・可視・近赤外分光光度計SolidSpec-3700に、310mm×310mmサイズの試料まで搭載可能な、オートX-Yステージを取付けて、透明導電膜(フッ素ドープ酸化スズ)付きガラス面内16ポイントマッピング測定を行いました。
測定結果からは面内でわずかな透過率の差異が見られることが分かりました。

紫外可視近赤外分光光度計 SolidSpec-3700

紫外可視近赤外分光光度計 SolidSpec-3700

SolidSpec-3700/3700DUVは,高感度,短波長測定能力,超大型試料室,を兼ね備えた最高級分光光度計です。
FPD材料特性評価のため,近赤外領域の高感度測定が可能で,材料の大型化に伴う大形試料室を備えています。

Top of This Page