リチウムイオン電池および関連材料の高度機能解析

スマートフォンやノートパソコンなど、私たちの身近なものに搭載されているリチウムイオン電池。
近年は自動車や航空機のエネルギー源としても搭載され、新たな技術開発が進んでいます。

日立化成テクニカルレポート No.57では、ナノサーチ顕微鏡とX線CTによるリチウムイオン電池および関連材料の高度機能解析が紹介されています。

 

リチウムイオン電池および関連材料の高度機能解析 (日立化成株式会社のWebサイトに掲載されているPDFファイルが開きます)

関連製品

ナノサーチ顕微鏡 SFT-4500

SFT-4500は,歴史と伝統を持つ光学顕微鏡と最先端の走査型レーザー顕微鏡(LSM),さらにナノオーダーの測定を可能にする走査型プローブ顕微鏡(SPM)を一台に集約。多様な試料に対応する,新時代の観察・測定装置です。
数十倍から百万倍の超ワイド領域において,ミリからナノまでの観察・測定をたった1台で実現します。光学顕微鏡,レーザー顕微鏡,プローブ顕微鏡の切り替えを自在に行い,一度探したターゲット(観察対象物)を見失うことなく,素早く正確にプローブ顕微鏡で観察ができ,画像取得までの時間を大幅に短縮。一体型ならではのシームレスな操作性を実現しました。

製品詳細ページへ

マイクロフォーカスX線CTシステム inspeXio SMX-225CT

マイクロフォーカスX線CTシステム inspeXio SMX-225CT

実装基板接合部の三次元画像がシャープに得られます。低倍率から高倍率まで広い範囲のCT像の撮影が可能です。

Top of This Page