柔軟剤処理タオルの香り評価 / におい識別装置

柔軟剤処理タオルの香り評価 / におい識別装置

繊維の香りの評価に有効です!

近年,香り付きの洗剤や柔軟剤や,香り付けを行った繊維製品が発売されるなど,消費者の衣類の香りへの関心が高くなっています。また,体臭への関心から脱臭や消臭機能の付いた繊維も開発され衣類に使用されています。一方で,最近では,柔軟剤によるにおいが強すぎるというクレームも発生しています。
このような,繊維における香りの強弱や質の違い,消臭の評価には,従来から官能検査が多く用いられていますが,装置を用いた客観的な評価も望まれています。

におい識別装置「FF-2020」は,においの質と強さを数値やパターンで表現することができますので,客観的な繊維や衣類の香りの比較や持続性といった評価にも運用可能です。

柔軟剤処理を行ったタオルの香りの違いについて評価しました。

においの強さの予測値

においの強さの予測値
Fig.1

ユーザーモード類似度(%)

ユーザーモード類似度(%)
Fig.2

Fig.1から,柔軟剤Aにより処理したタオルの香りが他の柔軟剤に比べかなり強いことが分かります。
Fig.2は,各柔軟剤のお互いの香りの質の類似性を評価した結果です。柔軟剤Aにより処理したタオルの香りが他の柔軟剤とはかなり異なるため独自性が高く,次に柔軟剤Cも比較的独自性があることが分ります。


 

におい識別装置

におい識別装置FF-2020は,ガスクロマトグラフ(GC)などの成分分析とはまた別の角度から「におい」を捉えることができ,製品開発や研究の補佐的な役割,品質検査における良否判別等に応用できます。前処理装置を内蔵していますのでアルコールや水の影響を減少させることができ,さらに濃縮もできますので高感度な測定が可能です。
 

Top of This Page