食品容器包装材中の残留有機溶剤の分析/GC

食品容器包装材中の残留有機溶剤の分析/GC

食品の包装材料や容器については,その製造工程で印刷や接着など有機溶剤が使用されるため,残留有機溶剤の品質管理が求められます。 包装材料に残留する有機溶剤は従来から分析されてきましたが,最もよく用いられる分析手法はヘッドスペースGC法(サンプリングにヘッドスペース法を用いたガスクロマトグラフィー)です。
包装材料中の残留有機溶剤の分析例についてご紹介します。
    →「容器包装材中の残留有機溶剤のGC分析について」
    →「軟包装材料の製造に関する管理機器マニュアル」に準拠した残留溶媒測定法

Top of This Page