ポリエチレンフィルムの引張り試験

ポリエチレンフィルムの引張り試験

スーパーマーケットやコンビニエンスストア等で使用されているレジ袋や家庭で使用されるごみ袋は,近年自然環境に対する配慮もあってポリエチレンあるいは炭酸カルシウム混入ポリエチレンのフィルムを使ったものが主流となっています。
また,使い勝手を向上させるため,よりやぶれにくい柔軟性を特徴とした低密度ポリエチレンの使用や,剛性と柔軟性を併せ持った2層構造のものなど,性能・強度面を配慮した素材も使われるようになってきています。

小型卓上試験機を用いて,ポリエチレンフィルムと炭酸カルシウム含有フィルムの強度を引張り試験で評価しました。

今回の測定には,レジ袋に用いられるポリエチレンフィルムと,ごみ袋に用いられる炭酸カルシウム含有ポリエチレンフィルムについて各2種を試料としました。
炭酸カルシウム含有ポリエチレンは、一般的なものに比べ引張り強さはやや大きいものの伸びは1/2~1/3程度と劣っており、この結果から一般的なものが柔軟性としては優れていることがわかります。

小型卓上試験機

小型卓上試験機EZ testは,フィルムを含め樹脂材料の強度・伸びなどの評価(機械的特性評価)に最適であり,豊富な付属品(試験サンプルに適したつかみ具,温度環境装置など)との組み合わせで多様な用途にお使いいただくことができるものです。

 

Top of This Page