結晶構造

CNFの結晶化度の測定

セルロースナノファイバー分析・ 計測機器カタログPDF 

Application News X269 

X線回折装置 MAXima_X XRD-7000​

X線回折装置
MAXima_X XRD-7000​

セルロースは様々な糖により構成されていることが知られています。糖はグルコースに代表される結晶質,キシロースに代表される非晶質の2種類に大別されます。結晶化度はセルロースの化学的,物理的性質に影響を及ぼす一因子です。セルロースの結晶化度の算出はSegal法(1959)が広く用いられています。

  • 高精度試料水平型ゴニオメータを搭載​
  • 最大350mmφの試料まで対応
  • ピークの角度広がりやプロファイルなどから粒子系・結晶化度・精密X線構造解析などさまざまな分析が可能

上図は繊維長が異なる5種類のCNF水分散液から水分を除去してシートを作成し,X線回折により測定した波形です。また,Segalの式より求めた結晶化度の結果を表にしました。試料により結晶化度の違いがみられました。CNFの品質管理として,X線回折による結晶化度の評価が可能です。

試料   結晶化度(%)
A 84
B 86
C 76
D 77
E 82
 
Top of This Page