自動運転

自動運転

先進国を中心に高齢化が進んでおり、運転能力の低下による事故発生の増加が課題とされています。自動運転は高齢化による交通事故低減だけでなく、交通渋滞緩和、交通困難者の移動支援による地方活性化などの効果も期待されています。
自動運転の実現にはLidarを始めとした光学部品の角度依存性を考慮した設計、快適な自動運転に向けて搭乗者の感覚を定量化する指標作りを始めとした幾つかの技術課題を解決する必要があります。例えばこれらの課題解決に弊社の分析装置が使われています。

自動運転

  • Lidar

    Lidarのカバーなどに使用される光学部品の透過率や反射率は角度依存性を持つため、センサー感度や位置制御に影響を与える可能性があります。分光光度計を用いたセンサーカバーの透過率・反射率の角度依存性評価をご紹介します。

    アプリケーション

  • 乗り心地の定量化

    自動運転の安全面ではシステムからドライバーに運転権限を渡す際に、ドライバーの覚醒状態や運転の準備ができている状態か確認する必要があります。また、快適な自動運転を実現するためには、違和感が無いかなど搭乗者の状態を把握することが求められます。このような研究では、様々な生体情報が活用されています。他の機器の干渉が少なく、非侵襲で脳活動をイメージングすることができるLIGHTNIRSの使用事例をご紹介します。

    アプリケーション

Top of This Page