アルミダイカストの自動検査

アルミダイカストの自動検査

複雑な形状のサンプルの検査には,いろいろな角度からの最適なX線条件で観察する必要があります。この装置は,サンプルのハンドリング,位置決めをロボットが行います。
専用テーブルに置かれたサンプルを自動で搬送,観察位置まで移動させることができ,指定されたポイントの連続透視検査が行えます。

ロボット付きX 線透視装置

装置・アプリに関するお問合せはこちら

Top of This Page