自動車用部品の故障解析/X線CT

自動車用部品の故障解析/X線CT

マイクロフォーカスX線CT透視装置は対象物の内部構造を破壊することなく観察することができ,工業製品の故障原因の究明にも有効な手段となっています。
システムの組合せや画像処理によって、260倍以上の拡大透視が可能であり、またCT(断層)画像および3D像が簡単に得られます。
車載電子部品の品質管理に大きな威力を発揮します。
O2センサーの観察画像です。

O2センサー

SMX-225CT

X線CT透視装置

マイクロフォーカスX線CTシステム inspeXio SMX-225CTは微小部品から大形部品まで、幅広い範囲の試料に適合したCTです。
外観カメラによるCTスキャン位置決め機能やサンプルに応じたX線条件自動設定機能を実装するなど、面倒な操作を必要とせずに簡単な操作で高精細な3次元CT画像が得られます。焦点サイズ4μmおよび管電圧225kVの強力なX線管の採用により幅広い検査対象に使用できます。

Top of This Page