高速スキャン・極性切り替えの活用 : LCMS-8040

今回のCustomer

Seoul National University, College of Agriculture and Life Sciences
Dr. Jeong Han Kim, Professo

※掲載内容(所属団体,役職名等)は取材時のものです。

Seoul National University, College of Agriculture and Life Sciences様 Webサイト

インタビュー

LCMS-8040(LCMS-8030よりアップグレード)は先生のご研究においてどのように役立っていますか?

私の研究では食品中の農薬や環境中の物質,作業者への暴露,リスクアセスメント,土壌中の生物学的活性物質などを分析しています。代謝物プロファイリングやメタボロミクスにも興味を持っています。ええ,LCMS-8040は私の研究に申し分なく役立っていますよ。高速スキャンと極性切り替えLCMS-8040のもっとも有用な特長だと思います。

それらの特長がもたらす優位点・利点はなんでしょうか?

高速スキャンと極性切り替えは多数のMRM測定を可能とするので,それが優れたところです。それらは短い時間での残留農薬の一斉同時分析に適しています。

LCMS-8040に追加したほうが良い機能などをご提案いただけますか?

測定中の閾値カット機能やニードル電圧の自動最適化機能があるといいですね。単一成分の高感度分析に役立つと思います。ソフトウエアでは,複数のTICを 重ね書きできると便利です。MetID SolutionはLCMS-8030Plusの機能拡張という点で重要なポイントではないでしょうか?将来的にインストールしたいと思っています。

島津製品や技術・サポートに関してご意見はございますか?

より迅速な部品調達をお願いしたいです。

島津製作所のイメージはどのようなものでしょうか?

島津製作所はとても信頼性が高く,創造性・革新的で,信用できる企業だと思います。

貴重なご意見どうもありがとうございました。

Top of This Page