Prominence-i (i-Series)

Anthem Biosciencesは,総合的な製薬ビジネス業界でグローバルリーダーとして台頭しつつあるインドにおいて,トップ5にランキングされる大手CROです。 Anthem社は自社を”Contract Research and Innovation Service Provider (CRISP)”と呼び,新規化合物の発見においてグローバルな研究努力を実現し継続するためのありとあらゆるサービスを提供しています。彼らは,有機合成,プロセス開発,分析化学,創薬バイオロジーや規制対応において,コア・コンピテンシーを活用しています。 同社のCOOであるMr. Ravindra KC と,品質管理・分析開発研究部門のヘッドであるMr Prasad B RがシンガポールのShimadzu Asia Pacificを訪問いただいた際,島津最新鋭のinnovative, intuitive そして intelligentな”新しい業界標準HPLC(Prominence-i)”のデモンストレーションをご覧いただきました。今回はこの当社ラボ訪問後のインタビューをご紹介します。

今回のCustomer

Anthem Biosciences, India
Mr. Ravindra Chandrappa, COO
Mr. Prasad Shandilya, Head of Operations

※掲載内容(所属団体,役職名等)は取材時のものです。

Anthem Biosciences, India様 Webサイト

インタビュー

御社の業界において,分析機器というのはどの程度重要な役割を果たすのですか?

分析は私たちのビジネスにおいて,無くてはならないものです。私たちは分析装置,特にHPLCが無くては何もできません。製薬産業は基本的に多くのケミストリーといくらかのバイオロジーを用いる製品開発に関わっているのです。HPLCを用いる分析は,ケミストリーとバイオロジーの存在するところならどこでも必然的に主要な役割を演じます。 私たちは基礎的な特性評価から化合物や分子の最終的な純度チェックまでに至る,すべての種類の分析装置とプロトコールを使用しています。これらは不純物プロファイル,物性,特性など非常に多くのことを含んでいます。それゆえこれらの分析を行うために,広範囲の装置を必要とするのです。これがHPLCなどの分析機器がこの業界の中で需要な役割を務める理由でもあります。

島津とのつながりについて何かお話しいただけますか?

私はこの業界に25年ほど携わっています。私たちは世界中の様々な分析機器に出会い,そして使用してきました。常に存在し続ける有名なブランドもありますが,それらにはブランドに沿った値札がついてくるのです。分析機器は主たる設備投資です。この種のビジネスでは,少なくとも投資の30-40%は分析機器のために使われます。島津は常にオープンで,協力的な価格設定と品質の高さを提供してくれます。 業界では誰もが最も良い品質のものをできるだけ少額の投資で求めています。私たちもまた最高のコストパフォーマンスで最高品質のものを探しています。私は島津を高性能というカテゴリーと認識しています。島津は高品質と手ごろな価格帯を維持してくれるので,装置を購入しやすくしてくれていると言えます。

新しいi-Series製品であるProminence-iのデモンストレーションをご覧いただきましたが,どのような印象を持たれましたか?

私はいつもイノベーション(革新)を信じています。イノベーション無しには何も前には進みません。私は多くの企業がイノベーションの欠如から彼らのビジネスを終えてしまったのを見ています。この業界では,HPLCテクノロジーに関するすべてのことはし尽され,すでに達成しているという共通の考えがあります。しかしながら,島津が常に新しい技術を取り入れ,何か新しいもの,違うもの,より良いものを探しているということに驚いています。これはProminence-i,新しいi-Seriesにはっきりと表れていますね。 印象的だったことのひとつは,新しいProminence-iは電力をたった630ワットしか消費せず,1600ワットも消費する他のHPLCに比べて電力消費を60%も削減できることです。ひとつのラボで複数のそのような装置を使用していけば,累積の電力消費は相当下げることができるでしょう。また装置から発生する熱量も少ないのでエアコンの使用にかかる費用も減らすことができます。新しいi-SeriesはまさにEco LCですね。

他にも気に入っていただいている島津製品はありますか?

もちろん,島津のHPLCは気に入っている製品です。なぜなら,私たちはたくさんの島津製品を使い,私たちのビジネスを伸ばしてきているのですから。GCのような他の製品群も持っていますし,XRDや粒子経測定装置なども現在検討しているところです。

他のメーカーと比べて,島津製品の性能をどう評価されますか?

私たちはUS,ヨーロッパ,オーストラリア,日本を含む世界中にクライアントを持っています。私たちのクライアントの多くは,島津の競合であるいくつかの分析装置ブランドも使用しています。私たちが島津の装置で製品や分析法を開発してクライアントに提供すると,データの不整合が起こる場合があります。私たち所有の装置で得られた結果がクライアント側の他のブランドによって得られたものと食い違う,というケースがたまにあります。私たちはクライアントに対し,装置構成やブランドに関する情報を提供しています。それらはクライアントが使用しているものに比べて低水準であるとか劣っているということではありません。私たちは私たちのデータがクライアントのラボで得られたものと同等あるいはより良いということを示すために島津の装置を使っています。 その上特に触れておきたいのは,島津の装置は他のメーカーのものに比べてとにかく丈夫であるということです。私は島津が極めて革新的な企業であり,製品は未来的である,と強く感じています。私たちは島津製品とともにいつもすばらしい経験を得ることができるのです。

どうもありがとうございました。

インタビュアコメント

i-Seriesは,新機能であるICM(Interactive Communication Mode)やスマートフォンなどのスマートデバイスからの装置制御により,PCレスの分析ラボを実現することで,分析装置の全く新しい操作環境を提案する一体型HPLC(高速液体クロマトグラフ)です。
本製品は,HPLCに求められる性能を飛躍的に向上させ,幅広い分析用途において高い信頼性を提供します。本体前面に配置されたカラー液晶タッチパネルや,一体型HPLCならではのシンプルな装置構成によって,誰でも簡単に分析を行うことができる操作環境を実現します。さらに,分析業務の更なる効率化のため,装置の起動から分析,シャットダウンまでの一連の操作の完全自動化に加え,複数の分析者がいつでも試料をセットすることができるダイレクトアクセス機能を有しています。従来機や他社装置などの既存システムからi-Seriesへの更新を行う際には,分析メソッドのスムーズかつ容易な移行が可能です。

Top of This Page