TMA-60/60H
熱機械分析装置

温度や荷重に対する材料の機械的特性を評価

熱機械分析装置TMA-60/60H
熱機械分析装置TMA-60/60Hは,多様な試料に対して,さまざまな測定方式* (膨張,引張り,針入) で対応し,材料の機械的特性を評価することができます。
* TMA-60は全膨張方式,TMA-60Hは示差膨張方式にて測定可能です。
 
膨張測定,引張り測定,針入測定

特長

  • 多様な形状(棒状,フィルム,繊維等)の試料や種々の測定方式(圧縮,引張り,針入測定)には全膨張方式のTMA-60(-150~600℃,室温~1000℃)がすべてのモードに対応し,多機能です。
    (室温以下の測定には,ワンタッチで交換可能な,特別付属品冷却用加熱炉LTB-60を使用します。)
  • セラミックスやガラス等のより高精度な熱膨脹測定には,示差膨張方式のTMA-60H(室温~1500℃)が高温域まで精度よく測定します。
  • 高精度・低ドリフトな新型変位センサを採用しています。従来のTMAに使用される変位センサ(差動トランス)と比べて,TMA-60/60Hでは高精度デジタル変位センサにより,測定精度が飛躍的に向上しました。同時に±5mmのワイド・レンジ(当社従来比2倍)が,微小変形から大変形までの高精度TMAを実現します。
  • TMA-60の自動試料測長機能は一味ちがいます。
    TMA-60試料の自動測長方式は,試料の変形を測定するセンサで直接行いますので,モーター等の移動距離等から試料長を計算する方式に比べて,高精度に試料を測長します。
  • TMA-60,TMA-60Hとも加熱炉ユニットは,簡単に交換可能で,試料温度センサはプラグ・イン方式でメンテナンス性も抜群です。
  • 2系統のガス流路を標準装備,検出部のパージガスと水蒸気や反応ガス等の導入を独立して行なえます。
    (オプションのFC-60Aを使用すれば,ガス切り替えを温度プログラムと連動して制御できます。)
  • 冷却ファンを内蔵し,測定後の加熱炉冷却が自動的に行なわれます。
  • 熱分析機器業界のリーディング・ソフトウェアとの呼び声高いTA-60WSシステムに接続できます。  Windows®環境で,軽快な操作と多彩なアプリケーションを駆使できます。

仕様

項 目
仕 様
温度範囲
TMA-60: 室温 ~1000℃(膨張測定時)
  室温 ~600℃(不活性ガス中における引っ張り,針入測定時)
  -150 ~600℃(冷却用加熱炉LTB-60使用時)
TMA-60H:室温~1500℃
試料寸法
直径 8×20mm以下(TMA-60)
  5×20mm以下(TMA-60H)
フィルム 幅5×厚さ1×長さ20mm以下
 (引っ張り測定時)
試料への荷重 0~±5N
外形寸法 幅367×奥行624×高さ880(mm)
重 量 約45kg

保守契約 Ai Support

予算申請用カタログ

A bridge with our customers

トータルソリューション

トップ