LC/MS/MS メソッドパッケージ DLアミノ酸

LabSolutions LCMS用
  • Question
    アミノ酸のD体とL体を分析したいのですが,適切な測定プラットフォームはありませんか?
  • Solution
    DLアミノ酸メソッドパッケージをご利用ください。

 

タンパク質を構成する20種のアミノ酸は,グリシンを除いて光学異性体の L体と D体が存在します。キラル固定相を有する CROWNPAK CR-I(+)と CR-I(-) を用いることで,アミノ酸の L体と D体を分離分析することが可能です。CR-I (+)では D体 → L体の順序で溶出し,CR-I (-)では溶出順序が逆転します。

わずか10 分で,キラルアミノ酸の一斉分析が可能です

従来のキラルアミノ酸分析では,アミノ酸の誘導体化や長時間分析が必要とされていました。本メソッドパッケージでは誘導体化を必要とせず,短時間で高感度に分析できるため,分析業務を効率よく進めることが可能です。

2 種類のカラムを使用することで,すべてのDLアミノ酸の定量が可能です

Glutamineと Lysine,Isoleucine と allo-Isoleucine,Threonine と allo-Threonine は,物理化学的性質が極めて類似しているため,トリプル四重極型質量分析計ではほぼ同一の MRMトランジションとなり,共溶出すると分離できない可能性があります。
CR-I(+)では同一保持時間で共溶出しても,CR-I(-) に切り替えることで分離を確認することが可能です。
D/L-Isoleucine,
D/L-allo-Isoleucine,
D/L-Leucine の分析例
D/L-Threonine,
D/L-allo-Threonine の分析例
 

登録アミノ酸一覧

D/L-Alanine
D/L-Arginine
D/L-Asparagine
D/L-Aspartic acid
D/L-Cysteine
D/L-Glutamine
D/L-Glutamic acid
Glycine
D/L-Histidine
D/L-Isoleucine
D/L-allo-Isoleucine
D/L-Leucine
D/L-Lysine
D/L-Methionine
D/L-Phenylalanine
DL-Proline
D/L-Serine
D/L-Threonine
D/L-allo-Threonine
D/L-Tryptophane
D/L-Tyrosine
D/L-Valine
注意事項
1. DL-Proline は第二級アミンのため本分析条件では分離できません。
2. LabSolutions LCMS は,ver.5.86 以降が必要です。

CROWNPAK CR-I (+)/(-) は,株式会社ダイセルの製品です。