LCMS-8050

超高速トリプル四重極型LC/MS/MS

動画でLCMS-8050を体験!

↑クリックすると動画をご覧になれます
LCMS-8050概算定価お問い合わせはこちら

さらなる[ 高感度×高速 ]の領域へ・・・

UFsensitivity

UF-MRM

定量と定性を同時に!
薬毒物12成分高速一斉スクリーニング


MRMとスキャン測定を組み合わせることにより,一回の分析で定量と定性の両立が可能です。LCMS-8050はスキャンスピードが速く,MRMと同時にスキャン測定を実施しても定量精度を損ないません。LCMS-8050は,常に信頼性の高い定量結果と確実な定性情報をご提供します。

薬毒物12成分(各1 ng/mL)のMRMをトリガーとした
プロダクトイオンスキャン測定(詳細ページはこちら

UFswitching

1分析をわずか1分で!
高速正負イオン化切替を用いたCYP阻害試験


正負イオン同時測定を実施する場合,極性の切り替えに要する時間が定量精度に大きく影響します。LCMS-8050の極性切替時間はわずか5 msecであり,UHPLCのわずか数秒の細いピークでも十分なデータポイントを確保。UHPLCとLCMS-8050の組み合わせが高感度分析のさらなるスループット向上を可能にします。

CYP阻害剤のUHPLCピークを高い再現性で分析
(詳細ページはこちら

UFscanning

濃縮なしで検出目標濃度をクリア!
水質農薬29成分一斉分析


水質管理項目の検出目標濃度をクリアするために,通常は前処理により試料を500 倍濃縮して測定する必要があります。
高感度なLCMS-8050ならば濃縮せずに目標濃度をクリアすることができ,高感度と高速MRMの組み合わせが,これまでよりも簡便かつ迅速な多成分一斉分析を可能にします。

高感度と高速MRMによる多成分一斉分析の簡素化・迅速化
(詳細ページはこちら

LCMS-8050を動画で体験

Top of This Page