i-Seriesメソッドスカウティングシステム

i-Series メソッドスカウティングシステム

i-Seriesでメソッドスカウティングができます!

迅速なメソッド開発を i-Series でサポート

最大6本のカラムと4種類の移動相を自動的に組み換えて最適な分離条件を求めることができます。
新規化合物の自動検討やメソッドの頑健性の確認(同一カラムの日間差試験)などに利用できます。
メソッド開発時の操作を自動化することにより,業務の負担を大きく軽減します。

  • 高速分析用カラムでのメソッド開発が可能(66MPaレンジ)
  • UV吸収をもたない化合物の分析条件を検討(LCMSとの接続)
  • 専用ソフトウェアでさらに最大100通りのグラジエント条件を一度に検討可能

 

     
あらかじめ使用する移動相やカラムを登録しておくことで,メソッドの設定を容易に行うことが可能です。
また,データベースにはソート機能がついているため,登録数が膨大になっても使用したい項目を簡単に見つけることができます。
   
  設定したメソッドと条件検討の内容から,分析の終了時間を表示するため,サンプル数や注入回数の調整(共に最大10)など,業務予定に合わせた条件設定ができます。
アイソクラティックやマルチリニア,ステップワイズなど豊富なグラジエントパターンを設定できます。特定箇所の濃度条件を簡単に変更でき,最大100通りのグラジエントパターンを検討できます。    
  設定した検討条件からバッチファイルを自動作成します。
自動作成したバッチを確認し編集することも,バッチを作成しそのまま分析を実行することも可能です。カラム洗浄やシャットダウンプログラムを設定しておくことで,分析後の処理も自動化できます。
   
データブラウザでは採取したデータを画面上にドラッグ&ドロップするだけで,複数のクロマトグラムを表示させることができ,各条件での分析結果をすばやく比較・判断することができます。
また,マルチデータレポート機能を使用することで,膨大な数の検討結果の視認性が向上します。数ある検討条件を分離度,ピーク本数など同一条件で比較し,最適な条件を値付けすることができます。
これら一連の結果をExcel形式のファイルに自動で出力することができ,中長期的なデータ管理を強力にサポートします。
 
(関連製品のご紹介)Nexera Method Scouting System
Nexera Method Scouting は次世代 UHPLCであるNexeraをベースとして設計されたメソッドスカウティングシステムです。専用制御ソフトウェア Method Scouting Solution と高耐圧・堅牢なカラムスイッチングシステムを用いて移動相とカラムを自動で切り換え,迅速で的確なメソッドスカウティングフローを実現します。HPLC におけるメソッド開発の効率化を強力にサポートします。

Top of This Page