GCMSsolution 操作 Q&A

GCMSsolutionイメージ

分析条件の設定や解析方法などをQ&A形式でご紹介します。より詳細な説明は,各Q&Aに付属の説明資料(pdf,会員制領域)をご参考頂けます。詳細な説明資料の閲覧には,会員制情報サービスShim-Solutions clubの会員登録が必要です。

    2012/03/14 化合物テーブル定量操作定性処理,ライブラリでお使いいただける機能,18Q&A追加掲載
    化合物テーブルウィザードを利用して化合物テーブルを作成する),(化合物ごとにS/Nを計算する
検量線画面でピークの手動同定を行う),(手動波形処理のベースラインの引き方を固定する
    2011/12/14 データ再解析機能バッチ処理機能でお使いいただける機能,8Q&A追加掲載
    参照用データファイルのクロマトグラムを表示)(スペクトルビューに標準スペクトルを並べて表示)
定量ビューの表示を変更・カスタマイズ)(バッチ終了後にバッチファイルを自動保存したい

全般

はじめに

(取説PDF,GCMS型名,GCMSsolutionの構成,各画面の名称,各種ファイル内容,ヘルプ画面を表示,バージョンアップ方法,メンテナンス画面 (MSナビゲーター))

分析前・分析時

メソッド

(高圧注入,メソッドパラメータのコピー,GCメソッドの読込,CLASS-5000メソッドの読込,SIMテーブルの自動作成,スキャン/SIM同時分析(FASST),FASSTメソッド自動作成)

環境設定,チューニング,起動停止

(イオン源ヒーター,真空度の単位,真空系自動復帰ON/OFF,モニターグループ登録,オートニューニング(結果印刷,保存先,履歴),イオン化電圧/エミッション電流,システムチェック,消耗品の消耗度/使用回数上限値の変更,フィラメント/イオン源/ターボ分子ポンプ使用時間,オーブン/インターフェース温度の上限値,真空止めず注入口メンテナンス)

分析条件,分析時操作

(分析条件/環境設定の確認,実環境設定を反映,サンプル量,希釈率,時間延長,参照データ,検出器保護機能,画面のロック,スプリット比プログラム,キャリアガスセーブモード,分析中にメソッドの編集/作成,非注入で分析,エコロジーモード)

バッチ処理

(データからバッチ作成,サンプル量,希釈率,数時間後分析開始,バッチ開始行指定,データファイル名の自動生成,アクション機能,バッチ印刷,シャットダウン,連続分析中にバッチ作成,連続分析時に非注入分析,指定行のみバッチ分析,)

解析時

定性関連操作,ライブラリ関連操作

(標準スペクトル登録,ライブラリ検索,インデックス検索,リバースサーチ,類似度,コンパウンドファインダー,測定データ/パブリックライブラリから登録,登録化合物の削除,構造式の登録,保持指標,スペクトルのノイズ除去,スペクトル減算処理/平均化処理,シミラリティ検索/結果の印刷,ポストサーチ,サーチ深さ)

クロマト,スペクトル画面表示設定

(ピークトップコメント,小数点,強度閾値,質量範囲,水素補正,構造式)

化合物テーブルの内容変更

(保持時間,ターゲット/確認イオン,波形処理)

保持時間の自動修正(AART) ,保持指標の入力

定量関連操作

(検量点数変更,グルーピング,回収率,内部標準法,標準添加法,スムージング)

データ比較

(クロマト比較,スペクトル比較,GCデータと比較,減算,ベースシフト,平行移動,伸縮処理)

報告書作成

報告書,レポート作成

(画面情報のコピー,メソッド情報,ピークテーブル,スペクトル,検量線情報,ライブラリ検索結果,サマリーレポート(平均,%RSD,最大,最小,標準偏差),カラムパフォーマンス(分離度,理論段数など),テキストの挿入,サイズ変更,アイテムの順序変更,ページの挿入・削除・移動)

QA/QC操作

(繰り返し精度(面積,高さ,保持時間),検量線の直線性,相関係数,回収率,メソッドの検出限界,検出限界,定量限界,基準値合否判定,理論段数,理論段高さ,シンメトリ係数,分離度,カラムのk′,分離係数,スペクトルチェック,スペクトル比較/データ比較により合否判定,デグラデーションチェック)

その他

ファイル操作

(ファイル検索,分析に使用したメソッド/チューニングファイルの確認,メソッド/バッチ復元,サンプル名/サンプルID/コメント変更,ASCⅡ変換,AIA変換,CLASS-5000形式ファイルの変換,自動バックアップ,一括でASCII,AIA(Andi),JCAMP,mzData,mzXML形式に変換)

用語説明

(スキャン測定,SIM測定,FASST,AART)

本Q&Aは,GCMSsolution Ver.2に対応しています。ここで紹介している機能を全てお使いいただけるよう,できるだけ最新Ver.にバージョンアップして下さい。ソフトウェアダウンロードはこちら
GCMSsolution Ver.2未満をお使いの場合,コマンド名が異なる場合や機能が付属していないこともあります。ご了承ください。

Top of This Page