GCMS代替キャリアガスのご提案

ヘリウムガスはGC/MSのキャリアガスとして使用されますが,近年のヘリウムガスの供給不足や価格高騰から,代替ガスとして水素ガスの利用が進んでいます。水素ガス(H2)は,ヘリウムガスと比較して,安価であり,分析時間を短縮することができます。
さらに,水素ガス発生装置を利用することで,ランニングコストを低減できるともに,ガスボンベの設置が難しいラボでも分析が可能になります。また,水素ガスの安全な運用が可能です。

ガスコスト

島津のガスクロマトグラフ質量分析計(GCMS)は,水素キャリアガスに対応しており,水素をGCのキャリアガスとして利用できます。さらに,Method Transkater (Restek)を使用することで,これまでのヘリウムでのメソッドを水素キャリア用のメソッドに簡単に変換することができます。

EZGC Method Translator

EZGC Method Translator

70成分の農薬における水素およびヘリウムキャリアガスでの保持時間の相関

70成分の農薬における水素および
ヘリウムキャリアガスでの保持時間の相関
EZGC Method Translatorを用いて
水素キャリアガスの分析条件に変換

アプリケーション事例

Precision H2 TraseとGCMS-QP2020を組み合わせ,農薬の一斉分析を行った結果,分析時間を短縮し,農薬を高感度に分析することができました。

Fenitrothion 0.01 mg/Lのクロマトグラムと検量線

Fenitrothion 0.01 mg/Lのクロマトグラムと検量線

Fenitrothion 0.01 mg/Lのクロマトグラムと検量線

アプリケーションデータシートで,本システムを使ったアプリケーション例を詳しくご紹介しています。

製品紹介

水素ガス発生装置

ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)

Top of This Page